アストラ大同はガス窒化施設を加えます

表面処理の過程のための顧客の要求を満たすために、私たちはガス窒化プロセスに施設を広げました。

アストラ大同における、ガス窒化の過程は、窒化プロセスが従来のマシンよりさらに速くなるように、真空炉を使用します。 また、50-200μmから変化して、顧客の要求に従って、層の厚さを設定できます。 塗り厚50-70μmには、化合物層は1μmより小さい場合がありますが、どれが特に型鋳造をする顧客のためにヘアクラックへの抵抗を抑えずに抵抗力がある摩耗を増加させることができるかは死にます。 私たちの窒化マシンは600x600x900mmの最大寸法で被工作物を処理できます。 各過程にダミーサンプルを補うので、顧客がそれが欲しいなら、いつでも、上質の追随性を見ることができます。